2008年11月13日

楽天証券でシステム障害

2008年11月11日(火)に楽天証券にシステム障害が発生しました。

(楽天証券hpから抜粋)

■事態の経緯について
夜間のシステムメンテナンス(バッチ処理)に異常が発生し、通常以上に時間を要しました。そのため、サービス再開が午後0:45頃までずれ込みました。
事態の経緯は以下のようになります。

午前3:24 基幹データベースにおいてお客様の勘定履歴を作成するバッチ処理を開始
午前3:40 当該バッチ処理の異常を検知
午前8:40 米国株式、FX(外国為替証拠金取引)を除くすべての取引の受注を停止
午前9:53 お客様のログインを一時停止
午前10:35 リカバリー処理方針の目処が立ち、異常の発生したバッチ処理を再実行
午後0:38  前日夜間受注分の一括発注完了
午後0:45 逆指値注文を除くすべてのサービスを再開。(システムの不具合を解消。)

-----------------引用ここまで-------------------------------

楽天証券だけでなく、どこの証券会社でもシステム障害は起こりえます。
私も以前違う証券会社ですが、同じような目に遭いました。

システム障害が起きると、他の証券会社では取引がどんどん行われているのに、注文が出せなかったり訂正ができなかったり、その前にまずログインができなくなったりします。

はっきり言ってめちゃくちゃ怖いです。
あまり値動きの少ない銘柄ならいいのですが、マザーズやヘラクレスなどは値動きが大きいのでその株を持っているとヒーってなってしまいます。

そういうときは、コールセンターも全くつながりません。ずっと話し中。
こういうリスクもあることを覚えておいてくださいね。

そういうときは別の証券会社の口座から、空売りをしておくといいそうです。(私は信用取引はやってないのでやったことはないですが)

しかし、少なくとも証券会社の口座は2つ以上持っておいた方が無難です。
  ↓

楽天証券





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: