2012年08月23日

配当金の受取期間が過ぎている……。でもまだ大丈夫

レターケースから娘名義の株式関係書類在中とかいう封筒が出てきました。
中には配当金受領書が入ってました。
なんと支払金額46円。しかも配当金の受取期間が過ぎている……。
(払渡しの期間)平成23年8月24日から平成23年9月26日まで
一年も前ですやん。

支払金額が少なすぎて金融機関に受け取りにいくのが面倒になったのか
それとも配当金の受け取り方がわからないのか。
娘が外出中なので確認できないけど
このまま、放っておくのもなんかすっきりしないし。
支払開始日より満3年を経過していると支払えないと書いてあるけど
まだ今なら大丈夫だし。

配当金の受取期間って1ヶ月しかないからすぐに過ぎてしまうので
私の場合は、銀行口座に自動的に入金してもらうようにしているんですが
私も昔は郵便局へ受け取りに行ってました。

どうしようかなと思って
一応封筒の前に書いてある信託銀行の電話番号に電話して確認したら
丁寧に教えてくれました。
「受領証の表面に受領印を押して(認め印でよい)
裏面の銀行または、ゆうちょ銀行の口座を各欄に記入して、送付先と書いてあるところに送付してください」とのこと。


しかし送付する郵便切手代の方が高い……。
で、直接信託銀行に受け取りに行くことにしました。
徒歩圏何にその信託銀行があるので。
そのときに銀行に振り込みしてもらえるように手続きするつもりです。
でないと、受け取りにいくのってやっぱり面倒くさいですもんね。
(額面が多いと全く面倒ではないんですが、さすがに数十円はちょっと)

しかしいくら金額が少なくても、放っておくのはだめですね。
小さなお金をないがしろにして大きなお金を得ることはできないですもんね。

にほんブログ村 女性投資家
にほんブログ村 株の基礎知識



posted by イロハ at 11:42| 娘の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする